*

フェアアイル・ニットの特徴

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 未分類

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。

本日は前回に続き、棒編みについてご紹介して参ります。

棒編みで模様をつける方法は大きく2種類です。

複数の色の糸を使用して、ビットマップで模様を得る方法と、
「表編み」、「裏編み」をパターン化して単色の糸で模様を得る方法です。

どちらも、伝統的な模様でさらに種類を細分できます。

複数色糸により模様を得る方法では、タータンチェックを斜めに行う感じの「アーガイル」と、
横方向にパターンを繰り返す「フェアアイル」が有名です。

どちらもスコットランドの「アーガイル地方」と「フェア島」の伝統模様です。
残念ながら、フェア島は現在ではほとんど無人化しています。

30年以上前に、フェア島の女性が編んでいる姿をテレビで見たことがあります。
結果的には、普通の棒編みでもまったく同じ模様を造ることはできますが、
伝統のスタイルは独特です。

左腰に「受け」を備え、長い棒の尻をそこに差し込み、
右手と左手でどんどんその棒に編みこんで貯めて行きます。

色糸により模様を得る編み方としては、最速と思われます。

決まりごとは、全体としては、カラフルですが、横方向には2色の糸しか使用しません。

編み物のご経験者はすぐに分かることですが、
横方向にいくつもの色を使用すると、大変な煩雑さとなり、出来上がりは分厚いものとなってしまいます。

あまりにもの手間と厚さで実用的ではありません。
「2色編み」と「2本取り」は別のものです。

写真は、前回の記事でもお話した「私の現時点で最後の作品」のセーターです。

フェアアイル模様のセーター

色で表した模様の部分が「フェアアイル模様」の手法で編んだ部分です。
美しいメリアスの裏には不要な色の糸が横に渡ります。
色を増やせばこれが増えていくのです。

メリアスは、表地が内側、裏地が外側で垂直方向に反り、水平方向にはこの逆に反ります。
多色糸で編むと、この現象が冗長されてゴワゴワな生地となってしまいます。

模様は、必要な色の糸を編み、不要糸は裏で休みます。
長い距離を休ませると、裏で糸が長距離に渡るので、左右の伸縮に絶えるよう配慮せねばなません。
また、着用時に指などがかかって、破損させる原因にならないよう、要所要所で、「ねじる」などの工夫が必要です。

模様は、ビットマップで得るので、
ゲージから割り出した長方形マトリックスを塗り潰して図柄を考え、それを再現すればいいのです。

気を付けるべきは、少年マンガの主人公のセーターのように、自分のイニシャルを編み込んではなりません。
男では自己満足とオリジナリティーを得たい欲望から、やりがちな誤りです。
こんなセーターはダサくて着用に耐えません。

もうひとつ、「渦巻き」も禁じ手です。
ラーメンの器みたいな中華模様になってしまいます。

関連記事

アラン模様のセーター

「アラン模様」の魅力はトリッキーさが命

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 先日、セーターの柄は色糸の組み合わせによ

記事を読む

妻に編んだカーディガン

技術よりデザインが優先~妻が編んだカーディガンに思う

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、写真のカーディガンをいかがに見ます

記事を読む

こだわりの「ループ」編み

「ループ編み」は男のこだわり

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 前回、色糸による伝統的な編み込み模様とし

記事を読む

型紙

ニットの型紙、「勘」を駆使して誤差を吸収

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 本日は編み物の「型紙」についてお話して参

記事を読む

チルデン・ベスト

編み物の歴史~手編みニットは男の手によるものだった~

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 私は55歳の男性です。 編み物歴は45

記事を読む

ゲージ

「ゲージ」は編み物の訓練、たっぷり編むべし

本日も、男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて前回の記事では、ニットのサイ

記事を読む

セーター

「ニットの編み方」特徴まとめ。そして・・・

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 下の写真は、ネービーセーターのライフル銃

記事を読む

棒編みの棒

マニアが少ない!? 「アフガン編み」の編み方

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、現時点で私にとって最後の作品は、

記事を読む

悩ましい「編み初め」

悩ましい「編み始め」をどう切り抜けるか?

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 せっかく「よし、何か編んでみよう!」と思

記事を読む

PAGE TOP ↑