*

「ループ編み」は男のこだわり

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 未分類

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。

前回、色糸による伝統的な編み込み模様として、フェアアイル・セーターを紹介しました。

編み物は、パーツ別に編んで、それらを組み立てるのですが、そのパーツの拵えかたが2通りあります。

工業的にラインで製造されるセーターはクロスによる服飾と同じように裁断して縫い合わせます。
ニットですから、ほどけないよう、緻密に縫い合わせるのですが、
手編みでは、せっかくの苦労で拵えたのですから、可能な限り縫い合わせたくないという気持ちが起こるものです。

私はその気持ちが強い方です。

胴体を裏身頃と表身頃に分けて編む方法と、ぐるっと輪状で編む方法があります。
「リターン」と「ループ」です。

私は、大抵、可能な限り、できるだけ、無理くり、意地でも「ループ編み」を採用します。
もちろん、前開きのセーター以外です。
本当は、どちらも正統的な手法です。
長短所特徴がありますので、上げておきます。

<リターンの長所>

  • 制作過程で、編まれて行くパーツが小さいので重さが負担にならない。
  • 小さいことから取り回しが良い。
  • 作業が単純でかさばらない。
  • 可搬性が良いので、場所と時間の制約が少ない。
  • 失敗の精神的ダメージが軽傷で済む 。

<短所>

「はぎ」作業が増える。

・・・長所短所はもう一方と比べた結果ですから、ループ編みはリターンの逆になります。

つまり、ループ編みの長所は、「はぎ」が少ないことだけです。
ここら辺が、「男の編み物」なわけです。
男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」では、この、たった一つの長所のためだけにループ編みを選択するのです。

もう一度このメリット、デメリットを見てみると、
リターン採用の利点とは、「作業」の容易さに限られているのです。

出来上がりについての評価を見ると、そこに長所は伺えません。
「はぎ」が多いか少ないかだけですが、
「はぐ」作業過程を嫌っているのではなく、「はぎ」の存在を嫌っているのです。

「はぎ」自体は裏でしか判りません。
「はぎ」が着心地を損なうとも考えられません。
阿保らしいと言ってしまえばそれまでですが、「つなぎ目がない」と言うことが「手編み」の嬉しさの象徴なのです。

要するに「こだわり」です。

そういうことですから、私がここにこだわっているので、
私の編み物教室で手ほどきを受けた日本男子は、申し訳ないですが、このこだわりを教えられ、
「ループ編み」を採用しなくてはならないのです。

こだわりの「ループ」編み

この写真は、前回のフェアアイルデザインセーターの裏を写したものです。
横に渡る糸が見えています。
上方中央にたわんだ糸が見えます。
これ以外は綺麗に揃っています。
これがなく、なおかつ、突っ張らないように編むことが「編み込み」のポイントです。

関連記事

チルデン・ベスト

編み物の歴史~手編みニットは男の手によるものだった~

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 私は55歳の男性です。 編み物歴は45

記事を読む

妻に編んだカーディガン

技術よりデザインが優先~妻が編んだカーディガンに思う

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、写真のカーディガンをいかがに見ます

記事を読む

型紙

ニットの型紙、「勘」を駆使して誤差を吸収

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 本日は編み物の「型紙」についてお話して参

記事を読む

アラン模様のセーター

「アラン模様」の魅力はトリッキーさが命

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 先日、セーターの柄は色糸の組み合わせによ

記事を読む

ゲージ

「ゲージ」は編み物の訓練、たっぷり編むべし

本日も、男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて前回の記事では、ニットのサイ

記事を読む

悩ましい「編み初め」

悩ましい「編み始め」をどう切り抜けるか?

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 せっかく「よし、何か編んでみよう!」と思

記事を読む

セーター

「ニットの編み方」特徴まとめ。そして・・・

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 下の写真は、ネービーセーターのライフル銃

記事を読む

フェアアイル模様のセーター

フェアアイル・ニットの特徴

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 本日は前回に続き、棒編みについてご紹介し

記事を読む

棒編みの棒

マニアが少ない!? 「アフガン編み」の編み方

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、現時点で私にとって最後の作品は、

記事を読む

PAGE TOP ↑