*

悩ましい「編み始め」をどう切り抜けるか?

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 未分類

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。

せっかく「よし、何か編んでみよう!」と思っても、一等最初の「くじけ」の引き金が最初に起こります。

それが「編み始め」です。

後で紹介しますが、女性用のニットの一部デザインに、「ゴム編み」がない物があります。
決まりではないのですが、殆どのセーターの裾や襟、袖口はゴム編みで処理されています。

ここが問題です。

色々方法があります。

「襟」では首口が編み終わりなので、「ゴム編み止め」で終わるのですが、胴体はいくつかやり方があります。

襟の場合、ゴム編み止めの時期は、もうすでにそこまで編み終えていますから、
「ここでくじけてはいけない。」と言う心理が働くのですが、胴体の場合は少し心理が異なります。
いきなりですから。
色々悩んでしまいそうですね。

「ダメだこりゃ。」ということで、編み始める前の傷が浅いというか、無傷の状態で「やめた」と決断できることから、
ここが「編める人」と「編めない人」の分かれ目と言うか鬼門的存在と言えましょう。

この「編み始め」にも方法が幾つかあります。
ひとつづつ長所短所を含めて話します。

ゴム編み部分と本体を結合する方法。
メリアス編み作り目からゴム編みを編んで、ゴム編み止めで止めます。
つぎに、最初のメリアス作り目のところから目を拾って本体を編んで行く方法。

利点はこの時に「ゴム編み止め」をマスターできるので、
今後絶対に避けられない襟のゴム編み止め時に苦しまないで済む。
と、簡単、かつ、美しい仕上がりを得ることができる。です。

もう一つは、二本の棒に糸を編まないで八の字に掛けていき、その棒の一方にそれぞれ編んでいく方法です。
これは非常に難しいです。
棒を抜くと糸が「S」字にあるだけで、「目」が存在しませんから、混乱するし、
糸が棒に緊張してからんでいるだけですから、編む余裕分がほとんどありません。
成功すると、ニットとしては最も美しく理想的な編み上がりです。

ゴム編みから始めてそのまま編み方を変更し本体を編んでいく方法。
これは、ゴム編み部分と本体に接合部分が存在しませんから美しい仕上がりになります。
ところが初心者にはかなり高いハードルである、「ゴム編み作り目」を必要とします。

ゴム編みは、一目ゴム編みやら二目ゴム編み、変則ゴム編みがあり、それぞれ違うし、
しかも、例を挙げれば、二目ゴム編み作り目に至っては、リターン1往復半、ループなら3段が消滅するのです。

理解しがたいトリッキーな作業、
おそらく、完成までの全過程で、最難題であろう作業がいきなりあるのです。

悩ましい「編み初め」

写真は、私たちが新婚時、妻が私に編んでくれたカーディガンです。
カーディガンは「ゴム編み」が悪魔の様な長距離を必要とします。

関連記事

妻に編んだカーディガン

技術よりデザインが優先~妻が編んだカーディガンに思う

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、写真のカーディガンをいかがに見ます

記事を読む

アラン模様のセーター

「アラン模様」の魅力はトリッキーさが命

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 先日、セーターの柄は色糸の組み合わせによ

記事を読む

型紙

ニットの型紙、「勘」を駆使して誤差を吸収

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 本日は編み物の「型紙」についてお話して参

記事を読む

ゲージ

「ゲージ」は編み物の訓練、たっぷり編むべし

本日も、男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて前回の記事では、ニットのサイ

記事を読む

フェアアイル模様のセーター

フェアアイル・ニットの特徴

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 本日は前回に続き、棒編みについてご紹介し

記事を読む

こだわりの「ループ」編み

「ループ編み」は男のこだわり

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 前回、色糸による伝統的な編み込み模様とし

記事を読む

棒編みの棒

マニアが少ない!? 「アフガン編み」の編み方

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、現時点で私にとって最後の作品は、

記事を読む

セーター

「ニットの編み方」特徴まとめ。そして・・・

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 下の写真は、ネービーセーターのライフル銃

記事を読む

チルデン・ベスト

編み物の歴史~手編みニットは男の手によるものだった~

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 私は55歳の男性です。 編み物歴は45

記事を読む

PAGE TOP ↑