*

「アラン模様」の魅力はトリッキーさが命

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 未分類

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。

先日、セーターの柄は色糸の組み合わせによる「編み込み」と、
編み方そのもので表現する「アラン模様」があります、と申しました。

すでにご存じの方もいらっしゃるでしょうが、「編む」と言う作業で柄を得るのではなく、
糸自体に工夫があって、それを効果的に使用し、「素材」で柄を得ることもできます。

前回のカーディガンは、アラン模様も入っていますが、
糸に変化があって、単純な総メリアス編みでも、風合いがある作品を造ることができます。

前回紹介したカーディガンは、妻が、素材から道具、編み方のすべてを参考書の指示どおりに進めて編んだものです。
羊由来の繊維でないものを紬(つむ)ぎ込んだ、ラメ入りや、編み目が消えてしまいそうなほどフワフワなモヘア、
このカーディガンの糸のようなまだら入りなど、いろいろあります。

また、特殊な風合いがある「カウチン」用の糸は、脱脂と紬ぎを省略した紐みたいにブットいのもあります。

今回は、その中で、「アラン模様」を見て頂きます。

アラン模様の特徴の最たるところは、「トリッキー」に尽きます。

メリアス編みを利用したロープ様の編み目が織りなす不思議な模様です。
見た目は縦方向に起こっている模様が、横方向へ編んでいる糸から表現されている不思議さが魅力です。
まるで編み物に理解のない人にはこの不思議さ自体を判らないかもしれません。

しかし、一度でも編み物を経験すると、
「不思議であることを理解し、不思議の実現方法が理解できない」のでハマるのです。

アラン模様のセーター

このセーターは20歳代の頃の作品です。

上は、普通のアランですが、「紐」が斜めに走っているのが判ると思います。
アラン模様のロープは垂直に上りながら捻じれるのはたいしたことではありません。
「斜めに上る」が酷く煩雑な作業です。

下の中央部分は「斜め」を駆使した自己満足たっぷりの柄ですが、注目頂きたいのは、その両サイドの細い捻じれです。
「斜め走り交差」をやっています。

ここでは、私の恐るべき技術を堪能して頂きましたが、ご覧いただいた皆様には、別のことを知って頂きたいのです。

上述で、私は、誇らしげに語りました。
この模様の実現の困難さを滔々(とうとう)と語りましたが、その阿保らしさも知って頂きたかったのです。

悲しいことに、苦労の割に、「斜め走り交差」が品祖な細い紐でしかありません。

「編み物の技術」が、服飾としての美しさに、いかに貢献するかがミソです。

要するに、こんなに手間のかかった総アラン・セーターに、いったい誰が関心を持つのかと言うことです。

つまり、これは、単なる自己満足を得るための作業なだけであったということです。

関連記事

セーター

「ニットの編み方」特徴まとめ。そして・・・

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 下の写真は、ネービーセーターのライフル銃

記事を読む

チルデン・ベスト

編み物の歴史~手編みニットは男の手によるものだった~

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 私は55歳の男性です。 編み物歴は45

記事を読む

棒編みの棒

マニアが少ない!? 「アフガン編み」の編み方

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、現時点で私にとって最後の作品は、

記事を読む

フェアアイル模様のセーター

フェアアイル・ニットの特徴

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 本日は前回に続き、棒編みについてご紹介し

記事を読む

型紙

ニットの型紙、「勘」を駆使して誤差を吸収

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 本日は編み物の「型紙」についてお話して参

記事を読む

悩ましい「編み初め」

悩ましい「編み始め」をどう切り抜けるか?

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 せっかく「よし、何か編んでみよう!」と思

記事を読む

ゲージ

「ゲージ」は編み物の訓練、たっぷり編むべし

本日も、男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて前回の記事では、ニットのサイ

記事を読む

妻に編んだカーディガン

技術よりデザインが優先~妻が編んだカーディガンに思う

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、写真のカーディガンをいかがに見ます

記事を読む

こだわりの「ループ」編み

「ループ編み」は男のこだわり

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 前回、色糸による伝統的な編み込み模様とし

記事を読む

PAGE TOP ↑