*

ニットの型紙、「勘」を駆使して誤差を吸収

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 未分類

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。

本日は編み物の「型紙」についてお話して参ります。

身体のどの部位も、曲線による立体構造です。
この構造物にフィットするよう作られた服飾は着心地がいいはずです。

身体表面の一部に力が集中するような構造の服飾はそこに違和感を発生させ、いやなものです。

そんな中、「和裁」は一風変わった服飾と言えます。

浴衣、着物、甚平のどれも、曲線の裁断は行われず、組み立ても、直線で縫い合わされています。
ですから、頗る容易に畳むことができます。
だからと言って、着心地が悪いでもなく、シンプルな中に伝統の知恵を知ることができます。

洋裁は、曲線で裁断された多数のパーツで構成されており、
クローゼットにハンガーにかけて収納することが普通です。

ニットによるセーターは、縫合による組み立ては殆どありません。
生地の伸縮性が抜群ですから、少々の狂いや誤差は溶け込んでしまいます。
特に、カウチンセーターでは、パーツは浴衣のような直線のみで編まれるのが普通です。

しかし、かといって、漫画のいじめっ子のような、へそを出しているちんちくりんセーターと言うわけにもいかないので、
ある程度は採寸からの寸法で設計する必要はあります。

ニットは、生地を造ることとパーツを造ることが同時に行われる、極めて無駄のない衣料品です。

出来上がる生地のサイズは糸と棒の太さで決まりはしますが、
もう一つ大きな要素として、編む人の癖が大きな割合で影響します。

つまり、同じ道具と材料を使用しても編む人によりサイズが違うのです。

私は、どちらかと言うと標準より少し大きめに仕上がる傾向があります。
多分、慣れると皆、その傾向を持つと考えて差支えないでしょう。

オリジナルのセーターを造るには、最低のパーツ数は3つです。
両腕と胴ですね。
身体から採寸してもいいのですが、初心者は、着る人が普段着用しているセーターからサイズを取り、
変形が必要なら、その寸法を基準におおよその大きさを割り出せば近道です。

大抵のセーターは裾がゴム編みですから、
裾ですぼまって、まるく広がり胴の上部となっているはずです。
この形は編むことで得られた形ですから、通常、胴に「増やし目」は行いません。

このような方法で採寸したら、その寸法で型紙を作ります。
型紙を張り合わせると、接合部に隙間ができます。
ここは、ニットに伸びてもらって辻褄が合います。

写真は、セーターでは見られないパーツの型紙があります。

型紙

これは、ナイトガウンを編んだ時の襟の部分です。

パーツは縫合や重力、着用時の姿勢で伸縮します。
それが起こる前提で「勘」を駆使して型紙を起こしてください。
誤差は吸収されますので恐れずに。

関連記事

ゲージ

「ゲージ」は編み物の訓練、たっぷり編むべし

本日も、男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて前回の記事では、ニットのサイ

記事を読む

フェアアイル模様のセーター

フェアアイル・ニットの特徴

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 本日は前回に続き、棒編みについてご紹介し

記事を読む

妻に編んだカーディガン

技術よりデザインが優先~妻が編んだカーディガンに思う

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、写真のカーディガンをいかがに見ます

記事を読む

棒編みの棒

マニアが少ない!? 「アフガン編み」の編み方

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、現時点で私にとって最後の作品は、

記事を読む

アラン模様のセーター

「アラン模様」の魅力はトリッキーさが命

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 先日、セーターの柄は色糸の組み合わせによ

記事を読む

こだわりの「ループ」編み

「ループ編み」は男のこだわり

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 前回、色糸による伝統的な編み込み模様とし

記事を読む

悩ましい「編み初め」

悩ましい「編み始め」をどう切り抜けるか?

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 せっかく「よし、何か編んでみよう!」と思

記事を読む

セーター

「ニットの編み方」特徴まとめ。そして・・・

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 下の写真は、ネービーセーターのライフル銃

記事を読む

チルデン・ベスト

編み物の歴史~手編みニットは男の手によるものだった~

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 私は55歳の男性です。 編み物歴は45

記事を読む

PAGE TOP ↑