*

「ニットの編み方」特徴まとめ。そして・・・

公開日: : 最終更新日:2016/10/22 未分類

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。

下の写真は、ネービーセーターのライフル銃床尾当てを本革スエードで作り、
ここにエンブレムを刺繍しているところです。

エンブレムの刺繍

黒の総ゴム編みVネックが海軍仕様です。
陸軍はモスグリーンの丸首です。
精悍な感じが魅力のセーターとなります。

肩には肩章をスエードで施すとカッコいいです。

簡単に、編み方別の特徴を書いておきます。

①メリアス編み:表裏がはっきりしています。
表は縦に、裏は横に糸が走ります。
裏は「窪む」性質があるので、アラン模様を際立たせるため「地」に使用すると効果的です。
表から見て上下が手前に、サイドが向こうへ反ります。

②ガーター編み:ループでは裏と表編みを一段づつ変更して編みます。
「反り」と裏表の区別がありません。
横方向の伸縮性は、メリアス編みと同じで、縦方向は大きいです。

③鹿の子編み:縦横隣目が交互に裏目表目で編みます。
伸縮性が少ないですが、棒編みの横方向の伸縮は宿命的です。
つまり、伸縮を抑える程度です。
アラン模様の「地」に多用されます。
裏表の区別がありません。

④ゴム編み:横方向に裏目、表目を繰り返し、次の段は同じ目を編みます。
横方向の伸縮性が抜群です。
繰り返す目数のパターン、一目ゴム編み、二目ゴム編みや、変則ゴム編みがあります。
表裏区別がないことから、マフラー、軍隊用セーターに多用されます。

セーターの構造で、首回りから放射状に増やし目をしながら円形に伝でいくジャンルのセーターもあります。
北欧では普通に見られるセーターです。
胴体の「肩」を編まないで、腕に肩を編むセーターもあります。

私が指導するときは、チルデン・ベストを編ませますが、
とにかく、完成作品を早く与えたいことと、袖がない分、編む量が少ないし、
減らし目、増やし目、拾い目、段消し編み、作り目、止め。
すべての編み方を習得できるからです。

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」の最大の目的は「楽しい編み物の薦め」です。

男の編み物の最大の魅力は、
他のどんなホビーにもない「許された見せびらかし」にあると考えます。

絵画でもいい、プラモデルでもいいでしょう。

しかし、自慢の作品を見ていただくには、
わざわざ持ち出して見せるなんて現実的ではないので、自宅へ招く必要があります。

ところが、手編みのセーターは着用して世間を闊歩することが許されています。

これが愉快なのです。

若干不揃いな「目」は手編み感ビンビンだし、

「手編みですか?」

と聞かれたら、待ってましたとばかり

「ええ。」

「奥様ですか。」

「いえ、僕です。」

「え!?」

なんていい感じでしょ。

大いに自己を満足させてください。

本ブログを読んでくださった男性諸氏、いわばニット男子ならぬ「ニット紳士」の皆様の自己満足に貢献できたなら、
「男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。」は成功したと言えるでしょう。

管理人運営の引っ越しサイト

当サイト管理人は、「ニット・イン・スカッチ」の他に、引っ越しに関するサイトを運営しています。
変わり者の私ですから、こちらは、ただの引っ越しサイトではありません。
なんと、引っ越し業界初!? 引っ越しに最適な日を考えるサイトです。
例えば、大安や仏滅と言った六曜の他に、一粒万倍日というのがあるのを知っていますか?
引っ越しに縁起の良い日。
http://www.引っ越しに良い日.com/(外部リンク)

このように、引っ越しの吉日はいったいつか。
さらには料金が安い日はいつか。
そういったテーマに果敢に挑んでいます!
ぜひ、お目通しいただければ幸いです。

関連記事

チルデン・ベスト

編み物の歴史~手編みニットは男の手によるものだった~

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 私は55歳の男性です。 編み物歴は45

記事を読む

アラン模様のセーター

「アラン模様」の魅力はトリッキーさが命

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 先日、セーターの柄は色糸の組み合わせによ

記事を読む

こだわりの「ループ」編み

「ループ編み」は男のこだわり

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 前回、色糸による伝統的な編み込み模様とし

記事を読む

フェアアイル模様のセーター

フェアアイル・ニットの特徴

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 本日は前回に続き、棒編みについてご紹介し

記事を読む

棒編みの棒

マニアが少ない!? 「アフガン編み」の編み方

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、現時点で私にとって最後の作品は、

記事を読む

悩ましい「編み初め」

悩ましい「編み始め」をどう切り抜けるか?

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 せっかく「よし、何か編んでみよう!」と思

記事を読む

型紙

ニットの型紙、「勘」を駆使して誤差を吸収

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 本日は編み物の「型紙」についてお話して参

記事を読む

妻に編んだカーディガン

技術よりデザインが優先~妻が編んだカーディガンに思う

男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて、写真のカーディガンをいかがに見ます

記事を読む

ゲージ

「ゲージ」は編み物の訓練、たっぷり編むべし

本日も、男の編み物教室「ニット・イン・スカッチ」へようこそ。 さて前回の記事では、ニットのサイ

記事を読む

PAGE TOP ↑